FC2ブログ

Wolf'sDungeon_UP200308

Wolf'sDungeonを200308 にバージョンアップしました。
(ダウンロード箇所は下記になります)

  PassWord: eluku

更新箇所は・・
・Cliffゴブリンを複数出現するように更新
 →追加の掴み(膣穴吸引)を追加

・Cliffゴブリンに攻撃が当たるように更新

===
■■ →「募金について」の項目から募金・支援をよろしくお願いします。 ■■
■■ →Amazonと、DLsite.comのお買い物からも支援が可能です。 ■■
■■ →のPayPal経由でも支援が可能です。 ■■

===
ゴブリンなので複数責めするようにしてみました。
乳房を貪られている中、別のゴブリンが狼ちゃんに襲い掛かります。
ゴブリンはドロドロに濡れた膣穴に目をつけると、脚を狼ちゃんに固定し、
無防備な膣肉を貪ります。

狼ちゃんは崖を掴んでいないと落ちてしまうので、
ゴブリン2匹分の重さを両腕で支えながら肉穴貪りに耐えています。

予定:
3匹目のゴブリンが登場し、狼ちゃんの尻穴に目を付けて襲い掛かります。
ロクな抵抗はできない狼ちゃん。

お尻の上に乗っかったゴブリンは無防備な狼ちゃんの尻穴に
両手を乱暴に出し入れし拡げようとします。
腸液を撒き散らしながら無残に拡げられていく肛門。。

ゴブリンの3匹責めで体力が尽き意識を失って崖から手を放す狼ちゃん。
しかし落下することはなくゴブリン3匹に支えられ、
崖に備え付けてある杭に四肢を縛られてしまいます。

しばらくして尻穴の激痛に目が覚める狼ちゃん。
四肢を縛られたまま周りを確認すると、肛門に血糊の付いた巨大杭を挿入されようとしています。
ゴブリン達は狼ちゃんの腰を縛っているロープを引いて、巨大杭に腰を降ろさせようとしています。

全体重とゴブリン3匹の力が、狼ちゃんの緩くなった肛門部分にかかってしまい、
ミシミシと恥骨の鳴く音が響く中、腰を巨大杭に降ろしてしまいます。。
狼ちゃんの腰回り以上の太さの杭が直腸を拡げ胎内に挿入されていきます。
杭が内臓を押し上げてしまうので満足に呼吸ができないまま、巨大杭の根元まで腰を降ろしてしまいます。

四肢と縛られ内臓を杭に固定されてしまい、M字開脚で膣穴を晒したまま息も絶え絶えな狼ちゃん。
ゴブリン3匹は獲物が死ぬまで肉汁を貪り孕ませようとします。

ゴブリン周りはこういった感じのフィニッシュです。
===
前スレのレスです。
>>C.ゴブリンについて
せっかくなので同時責めするようにします。
ゴブリンエリアはこのままだと通過するだけなので通せんぼするものが欲しいかも・・

>>ロリについて
過去に何度か要望はありましたね。
やるとしたら別ルートでそういったルートをやるかも・・

>>データ消えについて
何かのファイルを消すような処理は入れてないので
そちらの操作ミスじゃないでしょうか?

>>性癖について
趣味趣向はそれぞれ違うし、知ってるからと言って威張れるものでもないので、
影で楽しめればいいかと思います。
スポンサーサイト
[PR]

カウンター
プロフィール

えるく

Author:えるく
自作アダルトゲームやイラストの制作・閲覧をしています。

■Pixiv:http://pixiv.me/eluku99

■Enty:https://enty.jp/eluku99

■Fantia:https://fantia.jp/fanclubs/3844
招待コード:4BBD6CF4

Mail Form
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

Wolf'sDungeon ゲーム作成 FairyFighting 年賀絵 NewYear ぜかまし 妖精格闘 Dungeon Wolf's 習作 Dungeon開発 次ゲーム構想 新年あいさつ 投票 ボス 扉前モンスター BOSS 堕ちた妖精 RaperBeast 獣人 EggPlant 霧ちゃん ミスト あなもぐり 過去絵 コマンドリスト FrozenWolf ラフ絵 mmf2 wiki Alakune 

リンク
月別アーカイブ
募金について
★募金をお願いします★

日本円(JPY)での募金となります。

広告について
お買い物で募金ができます
Dmm.com


DLsite.com


An unlimited stash of doujinshi for smartphones DLsite Touch! English
--
色々
■Twitter
■Pixiv